2017年5月22日 (月)

家の周り

朝、東の窓を開けると。。

おはようございます happy01 

薪小屋の住人さん What's Michael~

我が家の一員になりつつある。。が野良さんは簡単ではない

 

20170522_11

 
隙かさずイチ子の観察が始まる 

じ~っと。。見つめる日課です eye

 

20170522_08

 

 

甘い香りが漂う我が家の小径 

20170522_12

 

只今、定家葛の花が満開 shine

 

20170522_13

 

ジャスミンのようでジャスミンではなかった

気が付いたのは、つい最近sweat02

でも親指ぐらいの小さな苗だったのが、こんなに大きく垣根となった

名前の由来がなんとも。。藤原定家の情念が、この植物の特徴である絡みつく蔓の姿へと化身したらしい

どなたが付けたのだろう

         

20170522_14

友人のポイと口から出した種が。。

こちらも立派な枇杷の木となりました

いつもより実が大きく育っている気がするけど

今年はガッツリ食べられるかな~

2017年4月18日 (火)

そらに

両親のお墓参りで松本へと3日程留守にして庭を見ると。。

 

エッエ~~~季節は進み

 

どんどこ勢いよく空に向かってタラの芽が顔をだしてる

 

20170418_13

 

 

 

カリンの可憐な小さな花

 

20170418_08

 

 

 

新芽は上向きでも花は元気よく下向きのグミ

 

20170418_10

 

月桂樹ノ黄色の花

 

20170418_09

 

雑木の中の薄紫のアケビの花

 

20170418_14

 

どれもこれも桜前線で夢中になっている頃に。。

 

一生懸命そらに向かって咲き始める

 

 

 

冬の間は、何もなかった地面からも

 

20170418_11

 

ギボウシにエビネ蘭

 

20170418_12

 

毎年ありがとう

 

 

 

そして。。

 

山の稜線は白から黒へと移り

 

20170414_07

 

 

 

 

 

日永になりました

 

20170414_06

 

君たち何年もこの庭に居るみたいな顔してるけど

まだ、2回めの春だからね!

 

 

 

今夜はタラの芽の天ぷら~

2017年4月13日 (木)

咲いた咲いた

花曇りな毎日でしたが。。

 

やっとお日様に恵まれた今日

 

万物が清らかで生き生きと青空に映える

 

20170413_07

 

咲いた。。

 

咲いた

 

桜の花満開

 

20170412_04

 

 

 

真っ白なコブシの花も

 

20170409_09

   

 

 

小さな枝垂れ梅も

 

20170409_16

 

姫リンゴも

 

20170412_02

 

 

 

ユキヤナギの花も

 

20170412_05

 

20170412_06

 

 

 

何度も掘り返されたチューリップ

 

咲いた咲いた。。

 

20170412_09

 

 

 

みんな天を仰ぐよう

 

 

 

春は曙 やうやう白くなりゆく 山ぎはすこしあかりて。。

 

我が家の庭にも

 

待ち焦がれてきた春の訪れ。。

 

 

   

20170412_10

 

球根掘り返した犯人。。

 

25個球根の内の7本が無事でした~sweat02

2016年12月10日 (土)

大雪

ほんの二日前。。

 

二階の窓から見える裏山の紅葉は、まだ楽しめるな~

 

 

 

20161207_05

 

 

 

なんて眺めていたのに

 

20161207_06

 

今朝の山の頂きは。。

 

20161210_23

 

 

 

白い稜線となりました~

 

20161210_01

 

少しずつ、寒気が里にも押し寄せてくる

 

 

 

気づけば。。

 

真冬に突入

 

 

 

熊穴に蟄る

 

 

 

干し柿もできたことだし。。

 

粉砂糖いっぱいのシュトーレンつくろう~

2015年4月21日 (火)

小さな芽。。それから

去年の秋だったか。。

裏山のティナとクロが眠っている所から小さな楊枝ほどのイチョウの実生を見つけ。。

持って帰り植木鉢に挿しておいた。

冬の間、竹ひごが二本たったままだった。。のが

わっ eye 小さなイチョウの新芽が出てきましたshine

Pap_0131

山には、大きなイチョウの木があり、2年に一度ぐらい銀杏の実の当たり年がある。。。実も沢山落ちる。

が、その周辺には、意外にも実生は見当らない。

Pb260939

(この写真は、イチョウの落ち葉の上で休んでいるクロです)

クロのお腹に詰まっていたのかな~

また成長したら、お山に戻そう。

もうすぐ。。

ティナが旅立って。。2年

クロが旅立って。。1年

新しい芽となって世に贈り出されたな bud bud

追記

それからですが。。

山から持って来た実生を植えた植木鉢の周辺(偶然かも知れませんが)

庭の地面に。。またもや銀杏の実生が数本生えてる~eye

山から誰か連れて来たな?

Pap_0137

鳥が運んできた?いや

妥当なのは。。マクロだな。。

どちらにせよ。。実がなるまで何十年も掛かるそうです coldsweats01

盆栽にしてでも楽しもう confident

 

2015年3月11日 (水)

春 凍る?氷る?

今朝、我が家の庭の。。

犬のお水に結構あつめの氷が張った。

P3113624

氷の端っこに。。

梅の花びらと小さな蕾が。。。shine

P3113623

氷の中に封じ込められた。。春みっけeye

これが最後かな。。この北風typhoonsnow

2015年2月25日 (水)

二月の空

わ~

と。と。父ちゃんったら煙突より高い。。けど

20150224_7

「大丈夫ですか~」って訊いたところで仕方がないし。。

ぐんぐん伸びるドングリの木の散髪

外の作業するには、厚着しなくてもよいお天気。

20150224_8

日の暮れが少し長くなって。。

二月の空も明るくなった。

やれやれ

木から降りて。。すぐに

「もう二度とやらない」と言ったけど

「もう二度とできない」でしょうね~

2014年7月26日 (土)

カブト虫

夏至も小暑も過ぎいよいよ大暑。。

梅雨も終わり蒸し暑さが加速ですsunsunsun

 

庭の真ん中にあるクヌギの樹液の発酵臭が漂うと。。

 

毎夜やってくる。。カブト虫 eye

 

P7252183

 

夏休みの子供たちを、もっとも魅了する。。

雄の頭上に先の割れた立派な角impact punch impact

 

P7252184

(この写真は木の根元に10匹ぐらいの兜虫がいます) 

立派な体のカブト虫に会えるのは夜だけです。

 

夏休み、お父さんと虫取り網をもった少年を夜の街灯の下で見かけますが。。

 

そこらへんのは、小物ですよ~

 

樹液の発酵臭。。これが決めて。。少年よ。。うんとこさ鼻を効かせないと捕れませんよhappy02

夏の夜の風物詩ですねmoon1

2013年9月24日 (火)

朝のひとこま

草食系男子って言いますけど。。。

草食のこちらの男子に全く失礼な話だこと。

風が吹こうと雨が降ろうと。。この粘り強さ。

たゆまなぬ努力は涙ぐましいのだわpunch

P9240712

(この写真は、大きなメスのバッタが小さなオスのバッタを背負っています)

P9240714mac

こちら、相変わらず上がっていいよのGO~がでないと、いつまでも待っている真面目な男子。

P9240716mac

ここの上がり口だけは、どうしても母しゃんの声を待ちわびるマクロです。真面目も大切なことねconfident

おんぶバッタって本当の名前なんだろ~

2012年9月23日 (日)

無花果

無花果。。花が無いと書くように花を咲かせず実をつける。。では、花はどれeye。。花は内側のあの粒粒。。で、私たちは、花を食べているんですね~confident

冷やして頂くと美味しい無花果。。秋の実りを分けて頂きました。。ご近所さんにdelicious

P9212287

(この写真はテーブルの上の熟した無花果とそれを見ているハルです)

我が家の貧相な庭の無花果。。毎年実は着けるものの。。。

P9152280

この時期のテイナは、庭に出ると必ず無花果の木の根元にかけよりdashdash

確認する。。そろそろ食べ頃ちゃうupupup

P9152281

(この写真は無花果の木のしたで実を摘んでいるテイナとマクロの後ろ姿です)

そんでもってテイナが食べだすと透かさずマクロも参加で木が揺れてるしsweat02sweat02sweat02

食いしん坊親子のたのしみnotenotenote

無花果って不老長寿の果物って呼ばれてるそうですが。。どうする~~coldsweats01

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

See you

  • MACRO (2000~2015)
  • KURO(1999~2014)
  • TINA(1996~2013)

You Tube

  • HAY ! MACRO !
  • 老犬マクロと仔猫のひとコマ
  • クロの毛で作るフエルト帽子
  • 一年間の手作り料理
  • クロ14歳の記念動画

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ