お知らせ

2019年7月23日 (火)

身に纏う自然@ギャラリー夢雲 終了

身に纏う自然ギャラリー夢雲2019年夏の展覧会は終了致しました

梅雨の時期、足元の悪い中

ご遠方。。

ご来場下さいまして感謝申し上げます

Img_20190717_151115

2011年に始まった 身に纏う自然展

初回より、ご高覧頂いております方、又、今回が初めてという方

沢山のご縁のお陰で新しい作品つくりが続けられる喜びを感じております

Img_20190722_104858

月に一度の十三夜月

Img_20190712_085520

二年後の再会まで

Img_20190715_173644

Img_20190715_173718_20190726231901

その日は、たった一度きり


Img_20190713_155818_20190726232001

Img_20190715_173035_20190726232201


一日一日の積み重ねが

Img_20190717_125653_20190723191901

作品に表れる。。

二年後の十三夜月までに反映出来るよう気づきの眼を持ち努力して参ります

 

ご一緒して頂きましたLittle Eagle kaoricoさん、planeta さん、お手伝いして下さいました伊藤さんにmaiさん、ケータリングの皆さん

 

全ての響きをご提供下さいました

ギャラリー夢雲さん

 

心よりお礼申し上げます

そして。。

 

1563879302777

三代目むうんと相棒ななちゃんも

ありがとうね〜

 

あなた方がいないとね。





2019年6月11日 (火)

身にまとう自然@ギャラリー夢雲

身にまとう自然

流行りのものでなく時が流れても愛されるもの

その人がその人らしく輝くような

素朴で心も肌にもやさしいもの

無駄に自然の資源を使わないもの 

そしていつか自然に還るもの

Little Eagle kaorikoさんがつくる優しく心地よい衣と

自然と犬をこよなく愛する楠ゆきえさんがつくる丁寧に

磨かれた黒蝶貝と高瀬貝に150ねんもの長い時間を経て

燻された煤竹に合わせたシンプルで美しいアクセサリー

タイの農村でプラネッタ代表の嶋田美由紀さんが手作りの

担い手である村の人々と対話を重ね試行錯誤を繰り返し

たどり着いた無農薬で育てられた綿花を摘んで糸を紡ぎ

機にかけて布をおられたオーガニックコットン、ヘンプ

素材のタオルや寝具エプロンなどが夢雲にとどきます。

「身にまとう自然」を7月12日(金)~7月21日(日)

11時から18時まで期間無休で緑溢れるギャラリー夢雲

で開催いたします。

心と身体に優しいケータリングもご用意してお待ちして

おります。

 

ギャラリー夢雲

 

2019年7月12日(金)~7月21日(日)

 

楠 ゆきえ 黒蝶貝アクセサリー

 

karaoke Little Eagle 衣

 

嶋田 美由紀 Planeta 布

 

201_20190628172801

 

2019   

 

   

 

楠 ゆきえ メッセージ

その日も いつもの様に犬を白い布で包み

代々の犬たちが同じ場所で眠る裏山に運ぶ

再び、積んだ石を抱きかかえ穴を掘り返すと

前回の犬の姿は既に何も無く

カタチを残さず土となっており

暫く去った犬との時間を思い出す

 

犬の顔に土がかからないようにと

そっと乗せた帽子

そのナイロン製の帽子だけが虚しく残っていた

 

環境を想い尊重することは

自然に還った犬たち、両親や友人を想うことに繋がり

 

海であれ陸であれ

 

この残った帽子をわすれては

作る仕事は続けられないと立ち止まる

 

201_7

 

 

2019yukie

 

黒蝶貝アクセサリー

 

20161025_23resizd

 

20190705_38ai

               Choker 波紋

 

 

 

アクセサリーに使われています黒蝶貝は黒真珠を産み出す母貝で

長いもので30年生きるそうです。

それは満潮干潮と幾度とない繰り返しの中人知れず作りだされた自然

ワタシの好きな仕事

削り磨く作業の中で、どんな環境で生きてきたかを想像すること

そして母貝すべてを使い切りたい思います。

 

手のひらに心に残る月影を映しながら

   

 

心と身体に優しいケータリング

数に限りがありますので予約をお願いします 

 

201_8

 

 

7月12日(金)メリメロ 

ガレット・キッシュ・クレープ

フランス人店主が本場の味と素材にこだわり一枚ずつお焼きする

7月13日(土)Chie 

だし料理べジプレートランチ¥1500

料理研究科Chieさんがつくる優しく元気のでるランチ

7月14日(日)15日(月)モハマヤバート

スパイス精進料理ランチ¥1500

オーガニックスパイスを使った純菜食料理

大人から子供まで頂けます

7月19日(金) おのまとぺ

サモサプレート¥1000

ワクワクもりもりのお菓子つきプレート

7月20日(土)カフェ根っこ

オーガニックワッフルと珈琲

&オーガニックミールスランチ¥1290

季節と素材と相談しながら有機野菜ランチ

7月21日(日)HOA BINH TABLE

ホットドッグ

山のハム夢工房の無添加ソーセージでつくるホットドッグ

有機栽培のベジサンド

 

 

 

 

こだわりのケータリングのお食事も

お楽しみください!

 

 

●アクセス

 

 

 

 

2018年6月 4日 (月)

ギャラリー薫林庵 終了

木々の緑がどんどん色濃くなってきました

 

 

 

伊予国「貝のアクセサリー展」は3日に終了致しました

 

 

 

蒼社川の上流の冷たい水で顔を洗って迎えた初日。。

 

 

 

気持ちの良い初夏でした

 

 

 

鈍川温泉入り口に佇むギャラリー薫林庵

 

 

 

「ここでイイのかな~」って誰もが思う

 

 

 

扉を開けると。。

 

 

 

20180524_09

 

 

 

 

 

 

 

個人のお家とは思えないほどの驚きの渓谷風景

 

 

 

20180524_09

 

 

 

貝のアクセサリーは

 

 

 

ここの深い緑の中にあっての小さな白い花。。

 

 

 

あるいは、ひと雫だったでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

20180524_04

 

 

 

 

 

 

薫林庵ご夫妻にお世話になりました

 

 

 

ご夫妻はこのお仕事80歳まで頑張ると仰っていました

 

 

 

私も。。

 

 

 

 

 

 

又 、お声をかけて頂けるよう。。 忘れられないような心に残るモノ作りに励みたいと思います。

 

沢山の方にご来場頂きまして。。有難うございました

オーナー15年ぐらい前のネックレス着けて下さっていて。。 ちょっと恥ずかしかった

2018年4月24日 (火)

貝のアクセサリー展@ギャラリー薫林庵

 

 

襟元を少し開けて。。

 

いつもより明るい着こなしで自然を感じたい 

 

初夏 

伊予国での「貝のアクセサリー」展覧会のお知らせです。 

 

2018年5月25日(金)~6月3日(日) (11:00~17:00)

会期無休

20180422

 
周知の通り貝は古来より人々の暮らしに深く関わってきた生き物である。古代人は貝をスプーン、ナイフ、そしてブレスレット、ネックレスとして楽しんだ。
そして遥か遠い国では貴重な宝石として珍重された。
そんな「海に眠っている宝石」と言われる貝を楠さんは大胆に加工して、オシャレで楽しいOnly Oneのアクセサリーに創り上げた。それはハイクオリティでオリジナリティに富むものです。
 
多くの方に貝の魅力をつたえたい。特有の手触り、輝き、貝の素晴らしいさを知ってもらいたいと一途に願う人です。
是非御覧ください。
 
 

ギャラリー薫林庵   

〒794-0121   
愛媛県今治市玉川町鈍川甲270

tel 0898-55-4555 

JR予讃線今治駅下車 神子森行きバス 鈍川温泉下車(約30分)

   

20180422

 

鈍川温泉アクセス   

今治市内から蒼社川に沿って延びる山間の道を進んでいくと奥道後玉川県立自然公園に属します。

 

追記

 

 

 

20180424_04

(Necklace 十三夜月)

 

 

 

初夏の十三夜月。。見上げていると

 

 

 

20180414_16

(Necklace 水の珠)

 

ひと雫

水の珠となり

青葉は掬いはじめ。。

潤いの季節がやって来る

20180515_01

(Necklace 水面)

そして

再び。。

水晶が弾けたような夏の水面に

十三夜月が映る

 

2017年8月 3日 (木)

身に纏う自然@夢雲 展覧会終了

ギャラリー夢雲 「身に纏う自然」

 

暑い暑い10日間の展覧会が終了致しました。

 

 

 

20170725_44

 

連日、ご遠方より沢山の方々にご高覧頂きまして。。

 

20170727_51

 

来られる方の熱いエネルギーに感動致しました。

 

20170721_13

 

今回のLittle EagleーKAORICO┼ 楠ゆきえ┼ plan eteーMiyuki Simada

 

20170721_14

 

前回とまた、違う風が吹き 衣食住→衣飾住

 

20170725_49

 

三方がトライアングルとなり。。

 

 

 

20170728_66

 

作り出すモノは、違っても根底に流れるものの距離は

そう遠くないと感じ。。 

20170728_64

 

また仕上がりの美しさも気持ちの良いもので

モノ作りの情熱を学ばせて頂きました。

 

20170721_22

 

常日頃から新しい風への心掛け

たまたまの組み合わせでなく

柔らかに響き合うであろうイメージを膨らませた企画

夢雲さん。。

流石です

 

20170728_57

 

 

20年間、お客様との繋がりを大切に作り上げたギャラリー夢雲 

そして暖かで素朴な気持ちのスタッフの方々。。

 

ネット上で展覧会のご紹介して頂きました方々のお心遣い

 

 

 

夢雲まで来お越し下さいました方々。。

 

ひとえにギャラリー夢雲の持つ魅力ではありますが

 

心よりお礼申し上げます。

 

また一つひとつ、皆さまとお目にかかれました時間を無駄にしないよう

 

二年後に繋げて行きたいと思います。

 

20170730_84

 

10日間のお留守番だった

 

父ちゃんと ハル いちこ てんすけ。。 もね!

お疲れ様でした。

2017年7月 8日 (土)

身に纏う自然 @ギャラリー夢雲

身にまとう自然
Little EagleーKAORICO┼ 楠ゆきえ┼ plan eteーMiyuki Simada
+黒蝶貝アクセサリー+オーガニックタオルや寝具
2017・7/21(金)~7/30(日)
 

Photo

 

2017dm2 

2017『身にまとう自然』を7月21日(金)〜7月30日(日)11:00~18:00期間中無休で緑溢れるギャラリ-開催夢雲で開催いたします。
流行のものでなく、時が流れても愛されるもの。
その人らしく輝くような、素朴で心も肌にもやさしいもの。
無駄に自然の資源を使わないもの。そして、いつか、それは自然に還るもの
Little Eagle ー KAORICOさんのメッセージにいつも共感していた夢雲は今回ご縁ができ、『身にまとう自然』にご参加いただきました。...
自然と犬をこよなく愛する楠ゆきえさんがつくる丁寧に磨かれた黒蝶貝と高瀬貝に150年もの長い時間を経て燻されたすす竹に合わせた,シンプルで美しい貝のアクセサリーとタイの農村で、プラネッタ代表の嶋田美由紀さんが、手作りの担い手である村の人々と対話を重ね、試行錯誤を繰り返しながらたどり着いた無農薬で育てられた綿花を摘んで糸を紡ぎ、機にかけて布を織らられたれたオーガニックコットン、ヘンプ素材のタオルや寝具、エプロンなどとLittle Eagleの優しく心地いい衣が夢雲にとどきます。
2017−、『身にまとう自然』を7月21日(金)〜7月30日(日)11:00~18:00期間中無休で緑溢れるギャラリ-開催夢雲で開催いたします。

 

2017kusunoki

楠ゆきえ メッセージ

アクセサリーに使われています黒蝶貝は、黒真珠を産み出す母貝で、長いもので30年生きるそうです。それは、満潮干潮と幾度とない繰り返しのなか人知れず作り出された自然。

ワタシの好きな仕事。。削り磨く作業の中で、どんな環境で生きてきたかを想像すること。そして母貝全てを使いきりたいと思います。

 

 手のひらに心に残る月影を映しながら

 

2017dm3

ギャラリー夢雲(むうん)
奈良県宇陀市室生区向渕(むこうじ)415

営業日ー企画展開催日のみ営業

営業時間-11時〜18時詳しくはお問い合わせください。

お昼のケータリング(数に限りがあり、できれば要予約)

7/21金22土23日27木28金29土30日となっています。

詳しくは、夢雲もブログで!

http://www.39moon.com/

電話 0745-92-3960

Mail moon39moon@gmail.com 


<車でご来場の場合>


●東京・名古屋・大阪・京都方面より(名阪国道針インターから10分位で夢雲へ到着。)
名阪国道「針」インターを降りて国道369号線を、室生寺方面へ
→「外の橋」交差点を左折(ローソンあり)県道28号線を2つ目の点滅信号
→右折(手前に向渕バス停)橋を渡ってすぐ(大きな物置小屋あり)左折
→安楽寺の前を通って夢雲の看板あり。間すぐはいると(細い道ですが)駐車場あり。
 又は看板のところ左折、少し行くと左手に広場アリ。駐車可。

●名張方面・榛原方面より
国道165号線「緑川」交差点を針方面へ。(室生針線 県道28号線に)
室生アートハウスを超えて10メートル地点急カーブのところ左折
(夢雲看板)のところを坂を上って来る。
左手最初の民家。夢雲少し手前右手に広場に駐車可。




<電車+タクシーでご来場の場合>


●大阪方面より
近鉄大阪上本町駅・鶴橋駅から、近鉄大阪線急行(名古屋・青山・名張方面)、
約1時間、 室生口大野駅下車→タクシーで10分

●京都方面より
近鉄京都線乗車、近鉄大和八木駅で近鉄大阪線急行(青山町行)に乗り換え、
約25分、室生口大野駅下車→タクシーで10分

●名古屋方面より
近鉄名古屋線乗車、近鉄名張駅で近鉄大阪線急行(大阪上本町行)に乗り換え、
約10分、室生口大野駅下車→タクシーで10分

奈交宇陀タクシー株式会社配車室 TEL:0745-82-0155

近鉄大阪線時刻表

ekitan 乗り換え案内 時刻表 運行情報

2017年6月 5日 (月)

夏の展覧会お知らせ

二年に一度の ギャラリー夢雲での 「身に纏う自然」

黒蝶貝のアクセサリー 

真夏の展覧会のお知らせです。

 

2017年7月21日(金)~7月30日(日)

 

 

 

20170515_17

 

 

 

追って詳しくお知らせさせて頂きます。

 

20160926_40

                     (。。。あの日ノ新月 )

いっぱい汗かいて只今、製作中。。

 

大好きなギャラリー夢雲さんでの10日間

 

皆さまにお目に掛かれますのを楽しみ楽しみにしております。

2017年1月 4日 (水)

ギャラリー夢雲コレクション展ー@京都・ 風工房

穏やかな新年を迎えました。

本年もどうぞ宜しくお願い申しあげます。 

年始にふさわしいオメデタイ展覧会のお知らせです。

 

今年20週年をお迎えする奈良・室生の山里にあるギャラリー夢雲

 

初回からの深いお付き合いのあります京都の染の作家・斎藤 洋さんが20週年記念にご自身の工房でギャラリー夢雲オーナー山脇 優喜美さんのコレクション展を開催致します。

京都・岡崎 平安神宮から北へ程なく黒谷さん(京都ではお寺に、さんを付ける風習があるようで)の門前の裾にあります風工房 

山脇 優喜美さんのコレクションが京都で一気に見られ

そして何より。。長年空間デザイン、ディスプレイのお仕事に携わっておられた山脇優喜美さんのお仕事が大変に興味深いです。 

 

黒蝶貝のアクセサリーもポケットに忍ばせて持ってきて頂けるそうで。。 

それは、すでにワタシのものでなく

 
夢雲のほんの僅かな風となり響くことが出来たら嬉しい。 

貴重な風を是非ご高覧ください。

MOON Collection at 風工房 

2017年1月12日(木)~1月18日(水)

11:00~18:00期間無休 

15726993_1186437998112926_260581686

 

夢雲 in 風工房展 に寄せて   
このほど京都・風工房にて念願の奈良・夢雲のコレクション展をさせていただくことになりました。    
20年前、室生・向渕の山里にギャラリー夢雲が生まれた時の感動は今でも色濃く我が胸底にあります。    
幾重にも連なる山並みを望む、いにしえから人々が住む続けてきたこの地に建つ300年前もの民家を程よく改装し、あらかじめそこに在ったかのごとく配された家具たち。それぞれに美しい7つの部屋。そしてあの優しく強いゴールデン・レットリバーの初代・夢雲の佇まい。なによりも、この類稀れなギャラリーを作り上げた山脇優喜美さんの深い志と、あの笑顔!    
幸運なことに、わたしは19年前から3年に一度この場で作品展をさせていただいて来ました。それは誠に特別な時間で、誤魔化しが一切通用しない、自らを晒すしかない怖さがいつもありました。そしてその時間とこの場を通過することで自らが鍛えられてゆく実感を毎回感じておりました。    
わたしが感じている、山脇優喜美さんを突き動かす大切な言葉に「心に響く」があります。一度心に響いたもの、それを作った人に対しては信頼しきる凄さがあります。そしてこの20年の間に心に響いた「コレクション」が夢雲には少なからずあります。それは倉庫に眠っているものがほとんどで、わたしも見たことのない作品も多々あり、正直勿体無いなといつも思っておりました。    
その作品達を是非風工房で展示させてくれないかと申し込みました。当初は山脇さんの腰が重く時間がかかりましたが、20周年の記念の新年にさせていただくこととなりました。かなり急なお知らせですが、新しき歳、京都岡崎の黒谷門前の風工房にお越しいただければ嬉しいです。    
夢の雲間のような集いになればと念じております。

 

齊藤洋

 

 

 

15740981_1219031394800467_844408238

 

あけましておめでとうございます。ギャラリー夢雲はお陰さまで20周年を迎えることができました。心より感謝もうしあげます。

 

ヒューマンな活動を続けておられる齊藤洋さんのご好意で新年,京都にある齋藤 洋さんの風工房にて、ギャラリー夢雲20周年記念「夢雲のコレクション展」を開催させていただくことになりました。縄文時代から続く村、四季折々の恵を一杯に感じる山里、室生・向渕に『人と自然と作品₍(作家₎)』の出会いの場として『ギャラリー夢雲』をオープンし20年。全国から多くの素敵なお客様にお越しいただき、作品とその生き方に感銘を受けた真摯で素朴な作家の方々、友人、先輩、仕事の仲間、村の人々や犬や猫にまでにも支えられ。温かく応援していただき、今まで心に響く作品展を続けてこられた事、心より感謝申し上げます。

 

十代から好きだった焼き物をきっかけに、花や草木、食にまで幅広く出会い、生きること、自然、人の出会いまで、思いを馳せた作品から沢山の宝物をいただきました。   
これまでの感謝と平和の祈りを込めて『夢雲コレクション展』20周年記念展を京都・岡崎にある風工房で開催いたします。

 

ギャラリー夢雲 山脇優喜美

 

https://www.facebook.com/someochan/?pnref=lhc

 

ご注意ください。会場は京都です。   
風工房    
京都市左京区岡崎東福ノ川町24    
075-762-0500

 

最寄駅は 京阪・神宮丸太町駅から東へ徒歩15分   
京都地下鉄東西線 東山駅から北へ 徒歩15分    
バス停は京都市バスの「岡崎道」から徒歩3分 100・203・32・204・93番。京都駅からは100番    
四条河原町からは203番を。

2016年10月14日 (金)

照明具と黒蝶貝のアクセサリー@芦屋ギャラリーMUKU3

 

 

2016年11月5日(土)~11月13日(日)

11:00~18:00(最終日16:00) 

 

芦屋ギャラリーMUKU3      

〒659-0067   
兵庫県芦屋市茶屋之町8-18 イーズキューブ102    
0797-23-8169    
muku.muku.muku@feel.ocn.ne.jp

在廊日 5日 10日 11日 12日 13日 

 

20160718_05

ギャラリーMUKUさんから素敵なタイトルとメッセージをお届け下さいました
 

はるかな灯り・とわの月

楠 秀男さんの照明具は丁寧に手間をかけ張りを持たせた和紙で創られる。優しい灯りは闇を美しく照らし、はるかな世界にいざなってくれる。楠 ゆきえさんの装身具は、南の海の月明かりで育った黒蝶貝の深い輝きにとわのときを感じる。満月にてらされて海の輝きのようだ。

 

お時間よろしければ、どうぞお立ち寄りください 

20161025_04

Necklace 十三夜月

20161025_23resizd

Choker 波紋

 

20161025_30resizd

Choker 水の珠

 

2016kusunokidm_002

 

 

place_tizu.jpg

 

 

JR芦屋駅から南へ約200m国道2号の信号を渡り、桜並木を200mほど進んだ先の美容室を東に入った静かな所にあります。 徒歩 約 5~6 分      

阪神 芦屋駅 北側 からは 東に 信号4つ目を 北に 2辻目 東に 入る 徒歩 約 6~7 分   

2016年9月 2日 (金)

AKARI by H KUSUNOKI @ MASUDA GALLERY, Sydney

 

 

楠 秀男の照明具

 

海を渡って オーストラリア シドニーでの個展のお知らせ

 

今日から約1ヶ月間です。

 

   
AKARI by H KUSUNOKI at MASUDA GALLERY, Sydney    
http://www.masudagallery.com/    
Suite 2, 28-30 Surrey Street, Darlinghurst, Sydney, NSW 2010, AUSTRALIA    
EXHIBITION: September 2 - October 8...    
Open: Wednesday to Saturday    
Hours: 11:00 am -5:00pm

 

"Were it not for shadows, there would be no beauty."   
'In Praise of shadows' by Tanizaki Junichiro

影と闇がある世界は美しい」 谷崎潤一郎 陰翳礼賛より

Akari, light in Japanese transfigures shadows and darkness. Translucent Japanese paper modulates the moment and connects the past. Akari embraces our souls with warmth and calmness. It empowers us with the strength of light.

 

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

See you

  • MACRO (2000~2015)
  • KURO(1999~2014)
  • TINA(1996~2013)

You Tube

  • HAY ! MACRO !
  • 老犬マクロと仔猫のひとコマ
  • クロの毛で作るフエルト帽子
  • 一年間の手作り料理
  • クロ14歳の記念動画

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ