« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017年2月26日 (日)

オレンジ色爽やか

ご近所さんより沢山いただきました~

 

って。。甘夏か八朔か どっちだろう?

 

まあいいや 春が来たみたいにオレンジ色爽やか。。shine

 

20170223_11

 

取り敢えずミカン好きな邪魔者にめげずに皮むき開始

 

骨折した薬指のリハビリに丁度いいや up

 

20170223_14

 

 

 

水々しい果肉がジューシーで甘く美味し。。たぶん甘夏だ!

 

皮と種と果肉に分け ママレード作り

 

20170223_15

 

柑橘系の皮には、けっこうアクがあるので煮こぼしは2回そして一日水にさらす

 

面倒でも、それさえすれば。。

 

もう出来上がったと同じです~

   

20170223_16

 

煮こぼしを終えてからの方が。。

 

皮の内側の白い薄皮をスプーンで刮ぐのも、皮の千切りも

後の作業が簡単 です~

20170224_03

 

全部合わせて砂糖も好きな分量を少しずつ入れて炊き合わせ

 

できあがり

 

煮こぼしの後のお湯は捨てずにお掃除に役立ててください~

 

オレンジ系の皮は脂を分解する成分があるので、身体の内側にも良いし

  。。これで雑巾掛けすると部屋の中がスッキリ~shine 

20170224_06

 

それと。。

 

まるごとミカンをくり抜きアガー(植物性ゼリーの元)を使ってのゼリーを作りました。

 

以前、お料理上手な方からグレープフルーツのゼリーを頂き滑らかなゼリー寄せで、寒天でもなく。。ゼリーでもなく。。アガーを使うと教えて頂きましたので。。

 

20170224_02

 

扱いが楽チンでオススメで~す!

         

20170226_06

 

今朝はパンを焼いて。。

 

いただきま~す

2017年2月23日 (木)

待ち人来たらず

待てど暮らせど。。

 

どなたも来ない

 

寒いお外に出続けて頑張るイチコ

 

20170222_06

 

 

 

半年に一回やってくる犬のシーズン

 

生まれて二回目の雪解けの春。。真只中heart01

 

 

 

普段は、ゴボウのような細い尻尾が

 

毛を逆立てて大きく見せ

 

イチコ渾身の美しさを懸命にアピール

 

今、一番美しい若犬の姿かもしれないね~

 

20170222_05

健気なイチコconfident 

 

 

僕じゃダメでしか~

 

20170222_08

 

相手にされないテンスケ sweat02

 

20170222_09

 

 

男の子のくせに。。 

母しゃんに、おんぶばっかしてっからさ~

 

20170215_02

 

テンスケは早くに去勢手術をしたからこうなったん?

 

これもどうかと思うけど。。ちょー甘えん坊sweat01

 

いっちゃんも、ゆっくり成長確認でき次第

 

避妊手術を受けようね happy01

2017年2月11日 (土)

はるチョコ てんチョコ いちこチョコ

包みを開けてビックリぽん!

 

20170211_19_01

 

 

ご近所の岳くんからのチョコレートのプレゼント 

20170211_26

 

や~~ん

はる てんすけ いちこ の顔がいっぱい並んでる~

   

20170211_23_01

 

チョコレート頂いた後の包み紙

捨てられへんやんか。。 

はるのお顔の白と黒のバランスが笑える

 

20170211_11

 

ここのところの大雪で

 

20170211_12

   

ハルは、お疲れ。。

チビどもは、一日中外で遊んでいます snow dash snow dash

2017年2月 9日 (木)

旧友

年賀だけのお付き合いになりつつある

久しく耐えていた友人 

はがきの下に 「ひとり暮らしはじめました」 と

小さく書かれた文字。。 

美大生になって

同じ釜の飯を食べた?日々を過ごしたような友 

始めて出会ったときに履いていた

 

黒いデザートブーツが格好良かった

 

 

 

待ち合わせ場所に先に立っていた彼女は

やっぱり。。 

先っちょの丸いデザインの

 

ドクターマーチンのブーツ

 

ちっとも変わっていない。。 

立ち姿が可愛くみえた

 

 

3人の子供を育て上げ、それぞれに 

お母さんの介護をしつつ自分に正直に向きあい始めた

   

20170209_03

 

長いときが経っていたと思えないのは、いつも目に見える所に彼女からの1983年に貰ったシルクスクリーンのハガキが好きで貼ってあったからかもしれない

 

お互い違った生活を過ごし。。そして今

 

喜怒哀楽

自分の恥ずかしい所や間違っていた所もいっぱい知っている 

息つく間もないほど喋り。。喉カラカラ

 

そこには、格好つける所の微塵も見られない

 

素のままの時 

会える機会を作ってよかった

 

 

帰りの電車のなか 

お互い違う教室で学んで学科も違っていたのに

 

なんで友達になったんだろう。。

どこで出会ったんだっけ? 

思い出せない

 

だけど黒いデザートブーツはワタシが好きな靴だった

 

 

縁はいなもの。。 

20061127_1458

 

そのころのワタシとワンコ。。

2017年2月 4日 (土)

あたらしい味噌

一年振りに。。

 

昨年に仕込んだ味噌の蓋をあけます。

 
そっと、ビニールに包んだ塩蓋を取り 

覗いてみたら。。eye

 

20170129_03

 

わ~

琥珀色に輝く味噌が仕上がっていました shine 

20170129_04

 

 

昨年の父が旅だった日に仕上げた味噌 

「味噌仕込んだら 御見舞に行くからね」って言ったまま。。sweat02

 

自分の娘は、こんなもんだ!って思ってたかもね coldsweats01

(ごめんね~)

20170129_06

色々終わっても。。 また新しく変わって行く
 
一年間、ゆっくり発酵して美味しい味噌ができました。 

 

そして。。 

今日から3日間、つぎの味噌作り始まりました。

 

湖西地方の素材を活かした安心な

 

地域に根ざした寒い頃の共同作業が続けられています。

 

 

一日目。。米麹作り準備

米洗いして一晩水に浸す(米15キロの内の自分の量は3キロ。。2升)

二日目。。米を蒸す。。1時間後米を広げ麹と混ぜ合わす

40°の麹室に入れ20時間

豆の準備。。洗って一晩水に浸す(7.5キロの内の自分の量1、5キロ)

三日目。。豆を圧力鍋で炊く

蒸気があがったら小火にして約20分そのまま5、6時間放置ザルにあげる

米麹。。一回目の天地返し再び40°の麹室に入れ

6時間後二回目の天地返し20°の麹室に入れ20時間

四日目。豆と米麹と塩(700グラム)を混ぜ合わせる

ミンチ機に2回摺り合わせオニギリ状に丸める

空気を入れないように桶にオニギリ状の味噌を詰める

20170207_02

塩蓋で閉める

20170207_04

2月4日から始まった2017年の味噌作り。。

雪降りの7日の朝に仕上がりました。

何十年も続いている地域の味噌作り

また、来年も皆、お元気な姿でお目に掛かれますよう!

お世話になりました。

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

See you

  • MACRO (2000~2015)
  • KURO(1999~2014)
  • TINA(1996~2013)

You Tube

  • HAY ! MACRO !
  • 老犬マクロと仔猫のひとコマ
  • クロの毛で作るフエルト帽子
  • 一年間の手作り料理
  • クロ14歳の記念動画

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ