« ひと夏 | トップページ | 小さな無花果 »

2016年8月22日 (月)

パンを焼く

ゴーヤが随分と高い所に出来ましたが。。どうやって取ろう?

 

見上げた空は、少し秋っぽい

 

。。けど湿った風は暑い~

 

20160822_29

 

昨夜の天ぷら粉の残り

 

捨てるには多いので、仕方ないパンを焼こう

 

20160822_09

 

薄力粉を水で溶いたものの残り

 

朝の散歩に出かける前に。。

 

①砂糖と小さじ1とドライイースト小さじ2を入れ混ぜておくと

 

お散歩から帰るとブクブクと発酵

 

20160822_28

 

②発酵したボールの前種の中に200グラムぐらいの強力粉と塩少々入れ捏ねる

 

水や粉などバランスが良いとどっこも汚さず綺麗に纏まる

 

パンはレシピの分量どうりにやっても失敗があるので

 

ワタシは、この手の感覚で粉や水を入れます。

 

これを覚える方が簡単~

 

20160822_08

 

③ザルに入れ大きめのビニールをかぶせ30分

 

1次発酵

 

20160822_07

 

④ガス抜き

 

20160822_06

 

⑤もう一度生地を丸め

   

20160822_05

 

⑥オーブン皿にオーブンペーパーを引いた上に生地を乗せてビニールで覆って2次発酵

 

 

 

20160822_04

 

オーブン皿の上で2次発酵させてしまえば、そのままオーブンに入れるだけなので

 

作業の短縮(ベンチタイムと成形)

 

20160822_03

 

⑦生地に切れ目を入れ(焼いている時にひび割れてしまうため)

 

20160822_02

 

⑧予熱180度のオーブンに25分ぐらい

 

この間に200度まで上げる

 

20160822_01

 

焼けた~

 

粉と水と塩とイーストだけのシンプルパン

 

 

 

便利なホームベーカリー使うほうが美味しいかもしれない

 

でも、機械は材料の分量が正確でなければならない

 

 

 

ワタシには手捏ねが自分の分量を探ることができて手軽で好き

(失敗も多いですが。。)

 

 

 

足元にサーキュレーター回しながらの夏の作業ですが。。

« ひと夏 | トップページ | 小さな無花果 »

コメント

わ~ 慣れって こういうことね!
きっとこうして覚えると 臨機応変ができますね
人生も同じ 頭で覚えると 臨機応変出来ません
体で覚えることの大切さ わかります

comtam さん・とりわけ主食となる米や麦。。
機械に頼らず、色々対応できると、いざというとき何時か役に立つかもね~?
パンは小さなカセットコンロと鍋でも焼けるしね!
方法が違うと味が全然違います!
comtam さんのベトナムの食レポ楽しみにしてます~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パンを焼く:

« ひと夏 | トップページ | 小さな無花果 »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

See you

  • MACRO (2000~2015)
  • KURO(1999~2014)
  • TINA(1996~2013)

You Tube

  • HAY ! MACRO !
  • 老犬マクロと仔猫のひとコマ
  • クロの毛で作るフエルト帽子
  • 一年間の手作り料理
  • クロ14歳の記念動画

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ