« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月31日 (月)

ふうぶつし

神戸に住むWちゃんよりイカナゴの釘煮を送って頂きました。。。が少々デカイ

P3301714

これ少し成長した ふるせ と言うものらしいですが我が家の周りでは見かけることのないけど。。Wちゃんからの春の風物詩は、いつも8センチ

P3301434resiz

あり~ なんかイカナゴとそっくりなチビッ子が足元に

同じ色やし。。。足の長さが~

P3301442resizchiko

こちらにも。。

P3301444resiz

足の短いのが。。。

P3301447resizmiru

遊びに来てくれたチコ・ミルのお父さんお母さん「留守番の練習」って、そのまま置いてお買い物へと出かけた  

それでもって何で。。我が家で練習かな

P3301420resizchiko

チューリップの蕾のように小さくて可愛い

。。イカナゴ見るたびに思い出しそう~

2014年3月22日 (土)

お祝いカレーパン

春の彼岸は、いつも荒れ模様。。やっぱり今年も雪でした

でも、昼夜の時間が等しくなり太陽は、真東から上がり真西に沈み冬ともおさらばです。

父ちゃん誕生日。。父ちゃん揚げ物好きだしカレー好きだし。。ならばカレーパンでお祝いです

Kc3q0398

本当はケーキ作る材料がなかったし。。パン粉の残りと油の残りを使いたかった

Kc3q0397

なんちゃって。。内緒です

Kc3q0392

マクロにも何故かプレゼント 冬の間ずっと乾していた鹿の骨。。本日食べ時

Kc3q0387

クロも少しずつですが口に出来るようになり、昨年の12月に「消化吸収が良いからね」っとご近所のラス・エドままちゃんから頂いたメ~メ~ヤギさんの粉ミルク

以前は、牛乳でも十分消化できていましたが。。このミルクだったら下痢をしません。脂肪球が牛乳の六分の一だそうで弱った体には、消化吸収に優れているそうです。

よいモノを教えて頂きました。

アイスにすると喜んでペロペロしてくれるので補給となり、私が舐めても。。おいちい。。みんな。。狙っているのです

何はともあれ皆無事をお祝いしよう

2014年3月19日 (水)

はるの手入れ

ごじごじ。。ごじ。。

P3071346

(この写真はハルの口に歯ブラシを使っての歯磨きの様子です)

ハルも10歳ですから、この頃より歯石が付きやすい

P3071348haru

奥のほうも、よ~く磨きましょ。

P3091349mac

年を取ると口を開けるのを嫌がり、歯石を取るのが難しくなります。

歯周病でも肝臓の不具合の原因の一つだそうなので。。

人も犬も歯は大切と言うことですね

2014年3月 6日 (木)

クロ仕切り直し

クロが12月から食事を摂らなくなって3ヶ月が経ってしまった。この間クロにいったい何をしてあげていたんだろうか?

取り合えず食べてくれそうな物をせっせと作ってはいたけれど。。

食べ物は、少し味のある香ばしい匂いのあるもの。。でも、その日その日で同じものを食べようとせず。。何も口に入れない日もあり、結局、私たちの食事の噛み砕いたものを手のひらに4口ほど。

ため息交じり熱い湯船に浸かって顔を拭う日も多々あったけれど。。こんなことでいいのか?。。と、老化で済ませているところは、ないかと思い直した。

P3021330

昨年12月16日 獣医さんでの血液検査結果は、肝機能の低下以外は他は特別なことが分からず機能が全体に低下していると。。15歳の現状を知ったわけで。

この日、チューブ状の栄養補助食品を貰って帰っただけ。。慰め程度と思ったのですが。。このチューブ状で舐めるのは抵抗がなく喜んで舐めてくれていたので。。これでカロリーが摂れ随分助かった。

これを真似てゲル状にしたミンチなどをチューブにしてみたが。。ソッポ向かれた。

P3051340

水も普通、尿も普通、便も時々水便(食べる量がわずかなので)歩行も普通。。痛がる様子なし。。でも食事を摂ろうとしない。。老衰と諦めかけたが同じ状態が続いてることの不甲斐なさ。

だけどクロの体重も前回22キロ(2ヶ月前)から食べていない割りに20キロと2キロしか減っていないし。。

消化器系症状、精神症状の不調和の現われ。。。内分泌疾患ではないか?。。もう少し手助けできるかも?と再び獣医さんに相談してみた。

2月22日 この日は、私も珍しく積極的にクロの症状を詳しく伝え。

*食欲不振

*嘔吐(胃液と胆汁液)

*下痢

*体重減少

*無感情

*傾眠

*尻尾の脱毛

これらの症状は、昨年の夏の頃から見られ。。いや、もっと以前から始まっていた。。。ゆっくり状態の変化が現われてる事から副腎機能低下と甲状腺機能に特定してみた。

甲状腺低下症だったアリサちゃんのお母さんに症状を尋ねてみると。。とても当てはまる。ただアリサちゃんの治療を受けた年齢なら意味もあるが。。15歳ではどうかと迷う。

副腎の超音波検査は、大学病院クラスのエコーでないと検査が出来ないとの事。。なので断念。

でも胃の様子を画像で見るからには、空っぽで綺麗。他、炎症性のものないらしい。。よかった。

甲状腺の血液検査を依頼し。。4日後。。やはり甲状腺機能停止に近い結果。

今、夜寝る前に小さな一粒、薬を飲み始めて1週間。

「やった~」 と声を出すほどでは、ないが。。ほんの少し変わり始めた。美味しい匂いにクンクン反応(食欲は、まだ一定しない) 起き上がった時に体全体伸びをする。

P3051344

こんな今に至るクロなのですが。。。仕切り直しで、もう少し向き合いたい。

クロの体はカリカリ、骨格構成が手に当たりツボがよく分かる。

間違っていたかもしれない母しゃんの仕切り直し。。許してね。

これから本格的な春を迎え気圧の変化が大きくなりますが、クロを含め老犬さんたち皆一緒に頑張りましょう。

2014年3月 2日 (日)

春告げる

我が家の乏しい庭にも冬を越えて小さな黄金色の金柑が実りました。甘酸っぱい香りは春の訪れを告げてくれました。

P3011323

北海道からも。。こんな春告魚を届けて頂きました。

関西に住む我々は、鰊と言えば茄子と鰊の炊いたん。。の身欠き鰊しか馴染みがないですが、北海道の食卓に子持ち鰊の塩焼きが並ぶと、春が近いと気持ちが明るくなるそうです。

旬を頂くと言う事は、そういうことなんですね。

P3011326

(この写真はお腹に子がいっぱいの鰊です)

鰊の子といえば。。お正月の重箱に堂々と鎮座する数の子ですが。。数の子の生を見たのも頂くのも初めて~

食べ方が分からず教えて頂き。。数の子と白子は薄塩で焼いて大根おろしと一緒に頂く。

P3011327

身は、三枚に下ろして酢漬けにしました。。が herringbone という織り布があるぐらいですから。。

P3011328

なんせ、小骨が細くって骨抜きに手間がかかる。。。けど美味しい昆布締めを頂きたいので頑張って毛抜きで取り除きました。

P3021334

(この写真は、鰊の昆布締めのにぎりです)

生憎、ハマグリのお吸い物は、ありませんが。。

P3021332

(この写真は、6センチぐらいのハマグリの中に入ったお雛様です)

遥か石狩の海からの鰊でお鮨を作り、小さなお雛さまを飾り春の節句を祝うことにしました。

P2231311

薪割りも後少しでしょうか。。。

父ちゃんの体。。持つかしら~

日本で一番春の来るのが待ち遠しい北海道から春の知らせの便りを届けて頂きました。

有難うございました。

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

See you

  • MACRO (2000~2015)
  • KURO(1999~2014)
  • TINA(1996~2013)

You Tube

  • HAY ! MACRO !
  • 老犬マクロと仔猫のひとコマ
  • クロの毛で作るフエルト帽子
  • 一年間の手作り料理
  • クロ14歳の記念動画

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ