« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月26日 (月)

比良八講荒れじまい

3月下旬というのに雪が舞いました。。。寒気がぶりかえった今日、その名にふさわしく比良八講 法要が近江舞子の雄松崎で、山々と琵琶湖への感謝報恩、採燈護摩供が山伏たちの手によって執り行われました。

P3260368

比良八講衆の迎え入れのための南小松の子供たちの野村太鼓も。。。少々、風に押されぎみでしたが頑張ってくれました。

P3260377

1000年を越える比叡山の歴史の中で3人しかいない千日回峰を二度達成された今年98歳の酒井大阿闍梨。。前を見据えて歩く姿が美しくも柔らかい。

P3260382

P3260385

護摩供が始まると。。。煙とともに雲が流れて青空が見え。。

P3260398

昔も今も山や湖に抱いた敬虔な気持ちは、きっと引き継がれて行くのでしょう。

広重の代表作の一つ「近江八景 比良の暮雪」は雄松崎湖岸に立ち、西側の比良山系を見上げたのでしょうか。

今日、振り返って見た比良の山々は、変わらない風景でした。

Photo_3

準備してくださいました地元の皆様お疲れさまでした。

護摩木を持って来て下さいました あ~ちゃん ローズさんありがとうございました。

2012年3月21日 (水)

なむあみだぶう

お彼岸のお参りの帰り道。。。夕方の6時なのにヘッドライト点けなくてもよい明るさになりました。山の頂の稜線の白い部分も少しずつ幅が狭くなっています。

我が家から湖西道路で一本道の京都のお寺さん。。10年前、義父の納骨の際にちょっと殺風景な暗かったお堂に和紙の照明具を寄進しました。。。ほんわかした灯りが、ほっこり(京都弁ですが)とします。

P3210351

(この写真は、お堂の中の天井からポテトチップスが何枚も重なったような照明具が吊るされています)

続きを読む "なむあみだぶう" »

2012年3月17日 (土)

春うらら。。展

グループ展お知らせです。

長い冬が終わり、少しずつ春めいてまいりました。 2012年、サラの最初の展覧会として「春うらら」という楽しい言葉から各作家さんがイメージをふくらませて心躍る一作家、一作品を作ってくださいました。 春の一日、サラへお越しになって、心豊かな一時をお過ごしくださると幸いです。

ギャラリーサラ
会 期:2012年3月17日(土)~4月8日(日)
営業時間:am11:00~pm5:00 火・水定休日

untitled_thumb

我が家のご近所にオープンした緑の木漏れ日と小川のせせらぎが心地よいギャラリーです。

今回は、楠 秀男 照明具を一点出品しております。。。17日間の長い期間ですので湖西方面にお越しの際に,ふらっと足を延ばしてお散歩気分でご高覧下さい。


head

map  

 

P2190301.jpg.psd

(この写真は、マクロが布団をかぶって寝ています)

みんな。。。眠いよ~

2012年3月15日 (木)

春うらら

奈良のお水取りも終われば春がやって来る。

今週は、雪降りもあれば晴天に恵まれる日もあり。。暑さ寒さも彼岸まで。。とは、上手く言ったものですね~

久し振りの湖岸の風は、丸くなった背筋を気持ちよく延ばしてくれました。大きく深呼吸~

P3140418

(この写真は、青空の下、湖岸の砂地で遊ぶマクロとテイナです)

続きを読む "春うらら" »

2012年3月13日 (火)

3.11

この日の朝 黙祷。。。そして京都マラソンの応援へと出掛けました。

3.11忘れない と書かれたゼッケンを掲げて姉とその仲間たちが明るい灯を絶やすことなく42.195キロを無事に完走しました。

Kc3q0199_2

(この写真は、絆と書かれたゼッケンとメダルです)

京都の走りにくいアップ、ダウンの狭い道を約15.000人のランナーがエントリーです。。応援の拍手にも力が入り、気がつけば皆に声を掛けていた私。

35キロ地点で出会えた時の姉。。笑顔で。。しんどい。

P3110370

「一歩足を前に出したら一歩すすむ」って簡単な言葉だけど。。。気持ちをふるい起たせないと出来ないよね。

人のチャレンジするエネルギーの大きさを感じ、ランナー15.000人の前進する風は、東北へときっと届くことと。。。今日のこの日も忘れない。

2012年3月 8日 (木)

京都マラソン

今週11日の日曜日に京都マラソンがあります

 

P3070362

(この写真は、テイナの応援エールです)

マラソン42.195km 15.000人 西京極総合運動公園場スタート平安神宮前フィニッシュ

車イス6km 20人 西京極運動場スタート嵐山フィニッシュ

みなさん、幾多の困難を乗り越えてゴールに向かって怪我のないように完走ください

しんどくなたら前のランナーの背中のメッセージを見てね。。。東日本大震災復興への応援が書かれているそうです~。。。GOALをお祈りしていますよ~

沿道より応援しています

2012年3月 5日 (月)

かき餅

お正月の鏡餅に始まって。。雛節句の菱餅、草餅、端午の節句の柏餅にちまき。。。お祝い事には、欠かせない餅米です。

彩り綺麗なおかき餅を頂きました。。。長い冬のあとに春がやって来たお祝いのおやつの様です。

P3030340

(この写真は、お盆の上に桜餅にピンクみどり薄茶いろのかき餅です)

続きを読む "かき餅" »

2012年3月 1日 (木)

アトムくん

ずっと気になる事件がある。。。1月23日から消息不明になったままの盲導犬アトム。。沢山の方が色んな立場から色んな形で気に留めているはずです。

私は、いつも盲導犬事業のために沢山の方にご協力の声をかけさせて頂いています。

この福祉事業は、視覚障害者が犬と共により楽しく社会に参加するためのものであり、犬の犠牲の上に成り立つものでない?と。。。

身体障害者補助犬法が施行されて今年で10年。。。ここには、ユーザーへの権利と義務、あるいは、国民の権利と義務が書かれています。

10年の間に市民の盲導犬への関心も深くなり、深くなれば新たな問題も出てきます。ご協力ばかりのご理解だけでなく、ユーザーや指導者に対しても、それなりの目も厳しくなる。新しい盲導犬を世に送りだすことより、現状の盲導犬と使用者への細やかなコミュニケーションの時間も大切,なのかもしれません。(素人がスミマセン)

補助犬は、社会の犬たちでもあります。。。なので市民からの声は、決して無駄では、ないはずです。

今回、長崎Life of Animal 盲導犬とよりよい暮らしを考える会より福岡県知事あてに九州盲導犬協会へ指導改善の要望書を提出のため署名活動が始まりました。こういう形になった経緯や幾度となく現場に立ち会い支援してくださる保護団体へのご理解のうえご協力をお願い致します。署名締切日→2012年3月31日必着

http://moudoukenyoriyoikurasi.web.fc2.com/data/pdf/syomeiyousi.pdf

多くのユーザーさんは、私達の家庭犬の飼い方以上に大変な気遣いでの盲導犬同伴です。同伴するという事が返ってどんなに大変なことか。。。これが犬と共に暮らすと言う事であり、盲導犬に限らず一般の家庭犬を持つ私には、学ぶべきことが多いです。

話し合いの場を持てる協会であってと切に願います事とともにアトムくんを産んでくださった繁殖ボランテイアさんや育てて下さいましたパピーウオーカーさん、どうぞ、お力を落とされませんよう念じてやみません。

詳しくはワンコの母さんブログで宜しくお願い致します。

アトムの特徴・ラブラドール クリーム オス 3歳

体重・34㎏ 体長1メートル

ベージュ色の首輪に布製の青色リード

Atom

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

See you

  • MACRO (2000~2015)
  • KURO(1999~2014)
  • TINA(1996~2013)

You Tube

  • HAY ! MACRO !
  • 老犬マクロと仔猫のひとコマ
  • クロの毛で作るフエルト帽子
  • 一年間の手作り料理
  • クロ14歳の記念動画

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ