« お餅三昧 | トップページ | 庭の氷 »

2010年1月11日 (月)

貝のブローチ

随分と以前につくりました貝のブローチ お直しのご依頼で手元に戻ってきました。長い間ブローチとしてお使い下さいましたそうです・・・が、ブローチのピンが見え難くなり、使いやすくチョーカーにして頂きたいとの事でした。

アクセサリーを作っていていつも心掛けている事は、「使いやすさ」 です。

20100111_999_4

(この写真は、あわびの外側を磨いてつくったブローチで三日月のような形です)

以前、手が動き難いというお客さまと出会い、簡単なチョーカーを作らせて頂きました。

紐は柿渋で染めた綿糸 この素材は、シャキっとした感じなので使いやすく、後ろの留めは、煤竹の筒状の中に紐を通しているので長さも自由にスライドできます。

20100111_999_11

(この写真は、ブローチが柿渋の糸を使ってつくり変わったチョーカーです)

シャツなどの襟元に着けますとこんな感じでしょうか?長さは、調整できますがチョーカーは、このくらい短いほうがお洒落ですね!

20100111_999_9_2

(この写真は、シャツに合わせて襟元につけた貝のチョーカーです)

気取りがなく、でも何処にもない、ずっと大切に使って頂けるようなアクセサリーを心掛けたいので、お直し仕事は、とっても嬉しいです。

« お餅三昧 | トップページ | 庭の氷 »

コメント

気に入っているけどつけにくいとか、少し使いづらくなったとか、ある部分がつぶれたとか、アクセサリーなど身につけるものは、そういうことが原因で、タンスの引き出しの肥やしになってしまうことも多いですもんね。
作家さんものは、思い入れがおありだということが、わかるだけに、お直しのお願いを申し出るのは、考えてしまうことがあります。
でも、気に入って好きで長く使うことの方が喜ばれるのは、考えてみれば、当たり前なのかもしれませんね。
人にもよるでしょうが…
tiny3さんの貝のアクセサリーファンとしては、お直しをお願いしやすいのはとても安心します。
年齢関係なくつけられ、とても印象的なイメージを与えてくれるtiny3さんの貝のアクセサリーは、私の大事に長く使いたいアイテムになっています。

見えないのがとっても残念です。
金属を使わないというのがいいですね。
貝ってなんだかあったかそう。なんてのは変な表現かしら?

ikeso さん・人もモノも、どんどん変わっていいと思います。作り手の思い入れよりお使い下さる方がどんどんと変えて下さい!何を欲しているのかとっても勉強になります。ikesoさんが着けて下さって嬉しい限りです。ほんとに!~

tonachani さん・触ってみて頂くと結構厚みがあって確かにあったかい感触です。私は、いつも月がテーマです。月が湖面に写る様とか、満月から新月に変わる形、細かい貝の光が月の輝きにも見えます。
どちらかといいますと、イメージを着けるといった感じですね!がたがたの岩のような貝の外側を磨いていますと、何でこんなことしているんだろうと?遠い人々の暮らしの中にフッと入っていく事があるんです。

わぁ、私も月が大好きです。
少し見えていたときはしょっちゅうお月見してました。
湖面に月がきらめく様子、イメージしただけでうっとりします。

tonachani さん・いつも月も星も見える時間に山に散歩行くんですよ!森の中から見える月は、宮沢賢治ワールドです。帰りの山から坂道を下りてくる途中で湖面に写る月が見え、月が大きく見えたり、凄いオレンジに見えたりで一つとない月の表情は不思議です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 貝のブローチ:

« お餅三昧 | トップページ | 庭の氷 »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

See you

  • MACRO (2000~2015)
  • KURO(1999~2014)
  • TINA(1996~2013)

You Tube

  • HAY ! MACRO !
  • 老犬マクロと仔猫のひとコマ
  • クロの毛で作るフエルト帽子
  • 一年間の手作り料理
  • クロ14歳の記念動画

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ