« お寝坊な犬たち | トップページ | 小さな展覧会 »

2009年11月28日 (土)

アーロンのマッサージ

ボルゾイのアーロン君は、11歳になり運動機能の減少とヘルニアのため後肢の障害がみられ、アーロン君に少しリラックスしてもらいたい思いで、リンパの流れを良くするべく筋肉マッサージ(スウエーデン式)をさせて頂きました。

少し神経の細やかな性格なので(我が家の犬たちとは、正反対!)触られるのが好まないらしいのですが、マッサージを始めると身をゆだねるのが、よ~く分かりお互い安心した気持ちでコッミュニケーションが取れました。

20091128_999

(この写真は、マッサージを受けた後のアーロンが寝ています)

何といってもボルゾイ、超大型犬です。何もかもが全て長く、大きい!全体にこわばった筋肉のマッサージは、少し時間が掛かりました。特に後肢の障害を補うため上部の胸骨 腕頭の筋肉が硬く、アーロンの体から察すると前脚に大きな負担が掛かっていたと思います。

20091128_999_15

(この写真は、アーロンがお腹をむけて足を伸ばしています)

マッサージが終わるとリラックスしてぐっすりと寝てしまいました。循環がよくなって少しだるい感じにも見えました。 このマッサージは、以前テイナが後ろ足の怪我をした時に、タイミングよく講習を受ける事ができ老犬には、体に負担を掛ける事がないためとても良いケアーだと思いました。犬達が少しでも、「気持ち良かった~」って感じてもらえたら幸いですが??

家で出来る簡単なケアーですので後は、お母さんにバトンタッチ致します~

20091128_999_10

(この写真は、アーロンの目がトローンとした様子です)

« お寝坊な犬たち | トップページ | 小さな展覧会 »

コメント

アーロンくん よかったね。気持ちよさそ!私も犬になりた~い。手当てするのは何よりの治療だと思います。

気持ちいいときの表情はなんとも言えませんねえ。
私もマッサージしてよー、とももが言い出しそうです。元気で長生きしてもらうために、老犬マッサージを習わなくては。

わぁ~ アーロンくんに会ってみたい!
むかしボルゾイにあこがれました。飼えるわけがないので単なる憧れですが。
手足はもとより、なんてお鼻がなが~いのでしょう!

com-tamさん・ほんとにね~この日のアーロン君はすぐに御願いね!って即座に私に身を任せました。はじめは、何するねん!って顔だったのにね~

ももんがーさん・ももちゃん老犬には、見えないですが~でもお母さんに手当てしてもらったら、ももちゃん喜びますよ~いつかお伝えする機会がありましたら!

3nyansさん・我が家でも無理です~あの毛の手入れを考えただけでご苦労様ですよ!
山で見かける小型の鹿くらいありますよ!全く同じ犬とは、思えないです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アーロンのマッサージ:

« お寝坊な犬たち | トップページ | 小さな展覧会 »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

See you

  • MACRO (2000~2015)
  • KURO(1999~2014)
  • TINA(1996~2013)

You Tube

  • HAY ! MACRO !
  • 老犬マクロと仔猫のひとコマ
  • クロの毛で作るフエルト帽子
  • 一年間の手作り料理
  • クロ14歳の記念動画

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ