2017年2月23日 (木)

待ち人来たらず

待てど暮らせど。。

 

どなたも来ない

 

寒いお外に出続けて頑張るイチコ

 

20170222_06

 

 

 

半年に一回やってくる犬のシーズン

 

生まれて二回目の雪解けの春。。真只中heart01

 

 

 

普段は、ゴボウのような細い尻尾が

 

毛を逆立てて大きく見せ

 

イチコ渾身の美しさを懸命にアピール

 

今、一番美しい若犬の姿かもしれないね~

 

20170222_05

健気なイチコconfident 

 

 

僕じゃダメでしか~

 

20170222_08

 

相手にされないテンスケ sweat02

 

20170222_09

 

 

男の子のくせに。。 

母しゃんに、おんぶばっかしてっからさ~

 

20170215_02

 

テンスケは早くに去勢手術をしたからこうなったん?

 

これもどうかと思うけど。。ちょー甘えん坊sweat01

 

いっちゃんも、ゆっくり成長確認でき次第

 

避妊手術を受けようね happy01

2017年2月11日 (土)

はるチョコ てんチョコ いちこチョコ

包みを開けてビックリぽん!

 

20170211_19_01

 

 

ご近所の岳くんからのチョコレートのプレゼント 

20170211_26

 

や~~ん

はる てんすけ いちこ の顔がいっぱい並んでる~

   

20170211_23_01

 

チョコレート頂いた後の包み紙

捨てられへんやんか。。 

はるのお顔の白と黒のバランスが笑える

 

20170211_11

 

ここのところの大雪で

 

20170211_12

   

ハルは、お疲れ。。

チビどもは、一日中外で遊んでいます snow dash snow dash

2017年2月 9日 (木)

旧友

年賀だけのお付き合いになりつつある

久しく耐えていた友人 

はがきの下に 「ひとり暮らしはじめました」 と

小さく書かれた文字。。 

美大生になって

同じ釜の飯を食べた?日々を過ごしたような友 

始めて出会ったときに履いていた

 

黒いデザートブーツが格好良かった

 

 

 

待ち合わせ場所に先に立っていた彼女は

やっぱり。。 

先っちょの丸いデザインの

 

ドクターマーチンのブーツ

 

ちっとも変わっていない。。 

立ち姿が可愛くみえた

 

 

3人の子供を育て上げ、それぞれに 

お母さんの介護をしつつ自分に正直に向きあい始めた

   

20170209_03

 

長いときが経っていたと思えないのは、いつも目に見える所に彼女からの1983年に貰ったシルクスクリーンのハガキが好きで貼ってあったからかもしれない

 

お互い違った生活を過ごし。。そして今

 

喜怒哀楽

自分の恥ずかしい所や間違っていた所もいっぱい知っている 

息つく間もないほど喋り。。喉カラカラ

 

そこには、格好つける所の微塵も見られない

 

素のままの時 

会える機会を作ってよかった

 

 

帰りの電車のなか 

お互い違う教室で学んで学科も違っていたのに

 

なんで友達になったんだろう。。

どこで出会ったんだっけ? 

思い出せない

 

だけど黒いデザートブーツはワタシが好きな靴だった

 

 

縁はいなもの。。 

20061127_1458

 

そのころのワタシとワンコ。。

2017年2月 4日 (土)

あたらしい味噌

一年振りに。。

 

昨年に仕込んだ味噌の蓋をあけます。

 
そっと、ビニールに包んだ塩蓋を取り 

覗いてみたら。。eye

 

20170129_03

 

わ~

琥珀色に輝く味噌が仕上がっていました shine 

20170129_04

 

 

昨年の父が旅だった日に仕上げた味噌 

「味噌仕込んだら 御見舞に行くからね」って言ったまま。。sweat02

 

自分の娘は、こんなもんだ!って思ってたかもね coldsweats01

(ごめんね~)

20170129_06

色々終わっても。。 また新しく変わって行く
 
一年間、ゆっくり発酵して美味しい味噌ができました。 

 

そして。。 

今日から3日間、つぎの味噌作り始まりました。

 

湖西地方の素材を活かした安心な

 

地域に根ざした寒い頃の共同作業が続けられています。

 

 

一日目。。米麹作り準備

米洗いして一晩水に浸す(米15キロの内の自分の量は3キロ。。2升)

二日目。。米を蒸す。。1時間後米を広げ麹と混ぜ合わす

40°の麹室に入れ20時間

豆の準備。。洗って一晩水に浸す(7.5キロの内の自分の量1、5キロ)

三日目。。豆を圧力鍋で炊く

蒸気があがったら小火にして約20分そのまま5、6時間放置ザルにあげる

米麹。。一回目の天地返し再び40°の麹室に入れ

6時間後二回目の天地返し20°の麹室に入れ20時間

四日目。豆と米麹と塩(700グラム)を混ぜ合わせる

ミンチ機に2回摺り合わせオニギリ状に丸める

空気を入れないように桶にオニギリ状の味噌を詰める

20170207_02

塩蓋で閉める

20170207_04

2月4日から始まった2017年の味噌作り。。

雪降りの7日の朝に仕上がりました。

何十年も続いている地域の味噌作り

また、来年も皆、お元気な姿でお目に掛かれますよう!

お世話になりました。

2017年1月29日 (日)

笑顔

日本列島大寒波到来の冬の朝。。

けんちゃんは、お兄ちゃんになりました shine shine 

予定日より一週間も過ぎてもやって来なかった陣痛が。。

やって来たと思ったら二時間で姿を現した大きな赤ちゃんcoldsweats01 

2017.0124-2

 

 

お兄ちゃんの笑顔。。  heart04

わすれないよ happy01

 

弟くんは、こんなにも愛されて生まれて来たこと

知らないんだよね~sleepy   sleepy

下の者の特権 ふっ ふっ confident

 

 

 

20170123_42-2

 

 

これから家族の時間を沢山つむいでくださいね~note 

 

おめでとう heart

 

あら!携帯の待ち受け画面をお孫ちゃんの写真にしてる??? 

オバアちゃまのお気持ちが。。

解ります~ことですよ sweat01

2017年1月19日 (木)

雪遊び

一年前の雪の朝のハルとチビ兄妹

20160301_26_2

チビ兄妹は、ハルより大きくなりましたが。。

 

ハルは、イチコとテンスケには負けまへんで~

 

2017年1月16日 (月)

雪降り続く

新しい年を迎えて初めての満月は蒼白く夜空が輝いていたshine

山の稜線、背の高い木々、あたり一面の影が見渡せるぐらいに空気が澄んでいた

 

日付が変わり。。

 

天気予報通りの寒波 typhoon

 

夏のなごりのゴーヤのネットにも雪が積もり

 

雪のレースとなっていました confident

 

20170114_36

 

それから3日間雪降り。。

 

20170116_04

 

たった40センチほど積もった雪の中の散歩

 

足跡のない湿った雪は重く息が切れるsweat01

 

20170116_09

 

 

 

父ちゃんは、ご無沙汰のアイゼンを靴に装着

(前の日に滑って転んだので)

 

イチコとテンスケのリードを持ち、先に歩いてもらい

 

 

 

20170116_02

 

その足跡に続きワタシとハルが歩く good

ハルの足では埋もれてしまうしねcoldsweats01

 

 

 

20170115_49

 

雪が降り続くと何かと色々と忙しい。。

薪割りに。。雪かきに。。雪かきに。。雪かき sweat01

 

犬たちは嬉しい dash

 

けれど車が雪だるま状態で外に出かけるのは難しく snow 

 

 

 

明日は、でられるかな。。car dash

雪の日の事故は他人事ではなく。。

豪雪地帯の方々のご苦労が忍ばれます。

2017年1月 4日 (水)

ギャラリー夢雲コレクション展ー@京都・ 風工房

穏やかな新年を迎えました。

本年もどうぞ宜しくお願い申しあげます。 

年始にふさわしいオメデタイ展覧会のお知らせです。

 

今年20週年をお迎えする奈良・室生の山里にあるギャラリー夢雲

 

初回からの深いお付き合いのあります京都の染の作家・斎藤 洋さんが20週年記念にご自身の工房でギャラリー夢雲オーナー山脇 優喜美さんのコレクション展を開催致します。

京都・岡崎 平安神宮から北へ程なく黒谷さん(京都ではお寺に、さんを付ける風習があるようで)の門前の裾にあります風工房 

山脇 優喜美さんのコレクションが京都で一気に見られ

そして何より。。長年空間デザイン、ディスプレイのお仕事に携わっておられた山脇優喜美さんのお仕事が大変に興味深いです。 

 

黒蝶貝のアクセサリーもポケットに忍ばせて持ってきて頂けるそうで。。 

それは、すでにワタシのものでなく

 
夢雲のほんの僅かな風となり響くことが出来たら嬉しい。 

貴重な風を是非ご高覧ください。

MOON Collection at 風工房 

2017年1月12日(木)~1月18日(水)

11:00~18:00期間無休 

15726993_1186437998112926_260581686

 

夢雲 in 風工房展 に寄せて   
このほど京都・風工房にて念願の奈良・夢雲のコレクション展をさせていただくことになりました。    
20年前、室生・向渕の山里にギャラリー夢雲が生まれた時の感動は今でも色濃く我が胸底にあります。    
幾重にも連なる山並みを望む、いにしえから人々が住む続けてきたこの地に建つ300年前もの民家を程よく改装し、あらかじめそこに在ったかのごとく配された家具たち。それぞれに美しい7つの部屋。そしてあの優しく強いゴールデン・レットリバーの初代・夢雲の佇まい。なによりも、この類稀れなギャラリーを作り上げた山脇優喜美さんの深い志と、あの笑顔!    
幸運なことに、わたしは19年前から3年に一度この場で作品展をさせていただいて来ました。それは誠に特別な時間で、誤魔化しが一切通用しない、自らを晒すしかない怖さがいつもありました。そしてその時間とこの場を通過することで自らが鍛えられてゆく実感を毎回感じておりました。    
わたしが感じている、山脇優喜美さんを突き動かす大切な言葉に「心に響く」があります。一度心に響いたもの、それを作った人に対しては信頼しきる凄さがあります。そしてこの20年の間に心に響いた「コレクション」が夢雲には少なからずあります。それは倉庫に眠っているものがほとんどで、わたしも見たことのない作品も多々あり、正直勿体無いなといつも思っておりました。    
その作品達を是非風工房で展示させてくれないかと申し込みました。当初は山脇さんの腰が重く時間がかかりましたが、20周年の記念の新年にさせていただくこととなりました。かなり急なお知らせですが、新しき歳、京都岡崎の黒谷門前の風工房にお越しいただければ嬉しいです。    
夢の雲間のような集いになればと念じております。

 

齊藤洋

 

 

 

15740981_1219031394800467_844408238

 

あけましておめでとうございます。ギャラリー夢雲はお陰さまで20周年を迎えることができました。心より感謝もうしあげます。

 

ヒューマンな活動を続けておられる齊藤洋さんのご好意で新年,京都にある齋藤 洋さんの風工房にて、ギャラリー夢雲20周年記念「夢雲のコレクション展」を開催させていただくことになりました。縄文時代から続く村、四季折々の恵を一杯に感じる山里、室生・向渕に『人と自然と作品₍(作家₎)』の出会いの場として『ギャラリー夢雲』をオープンし20年。全国から多くの素敵なお客様にお越しいただき、作品とその生き方に感銘を受けた真摯で素朴な作家の方々、友人、先輩、仕事の仲間、村の人々や犬や猫にまでにも支えられ。温かく応援していただき、今まで心に響く作品展を続けてこられた事、心より感謝申し上げます。

 

十代から好きだった焼き物をきっかけに、花や草木、食にまで幅広く出会い、生きること、自然、人の出会いまで、思いを馳せた作品から沢山の宝物をいただきました。   
これまでの感謝と平和の祈りを込めて『夢雲コレクション展』20周年記念展を京都・岡崎にある風工房で開催いたします。

 

ギャラリー夢雲 山脇優喜美

 

https://www.facebook.com/someochan/?pnref=lhc

 

ご注意ください。会場は京都です。   
風工房    
京都市左京区岡崎東福ノ川町24    
075-762-0500

 

最寄駅は 京阪・神宮丸太町駅から東へ徒歩15分   
京都地下鉄東西線 東山駅から北へ 徒歩15分    
バス停は京都市バスの「岡崎道」から徒歩3分 100・203・32・204・93番。京都駅からは100番    
四条河原町からは203番を。

2016年12月27日 (火)

一歳

 

昨年の2015年も終わろうという年の暮れ。。 

イチ子、テンスケは奈良の山深い里で産声をあげました。

 

イチ子、テンスケ無事に一年育ってくれて。。 おめでとう shine

成長を愉しませてもらった一年。。ありがとう 

20161223_21resizd

 

こんなに小さかったイチ子とテンスケ 

ハルがお母さんに見えるよね~lovely

20160301_27

 

いつも一緒にコロコロ

 

20160225_36

 

いつも一緒にスヤスヤ

 

20160229

 

そんなこんなの毎日で4ケ月を迎える頃には。。

 

仔犬らしさが抜け

悪戯の花盛りでございました  sweat01

父ちゃんと母しゃんの袖口は、いつもボロボロ shock

 

20160420_07

 

いっつも二匹は同じことをしたくって。。

 

懐かしい藁があると

いきなり遊び出す二匹

お散歩が、ちっとも進みませんでした。

 

20160415_07

 

 

5ヶ月には、イチ子のお耳が立ち 

続けてテンスケの片耳が。。

 

もう仔犬のお顔とも、おさらば confident

 

20160512_86

 

凛々しいお顔になったけれど。。

 

でも中味は、おこちゃま

 

相変わらず一緒にお昼寝です

 

20160616_41

 

 

蒸し暑くなり始めの6月頃から。。 

裏山の散歩が始まり good

 

20160701_13

 

真夏には。。

 

毎日、山から流れる冷たいお水で川遊び

 

20160822_21

 

 

10ヶ月を迎えた秋には、縦横無尽に山を自由に走りまわり dash

ハルを先頭に大鹿を追いかける姿も見せてくれた eye

 

犬笛トレーニングをしてみたものの。。まあ。効果もみられずsweat02sweat02

20161010_38

取り敢えず、戻ってきたし。。ってアカン アカン アカンよ~

 

 

 

父ちゃんが藁をいっぱい貰ってきてくれた秋の日maple

 

イチ子とテンスケは、産んでくれたお母さんや兄妹。。育ててくれた子供ちゃんたちを懐かしむ様に藁だらけになって大喜び up

 

20161024_145

 

 

そして。。  今日も、なにげに、ふっと見ると

 

二匹は。。

変わらず一緒です 

 

20161223_18

2016年、我が家の新しいページとなったイチ子とテンスケ 

こうして。。

これからも。。

犬バカな思い出が何枚も何枚も重なって行くのでしょう。。ねhappy02

こんな犬バカにお付き合い下さいまして

読む時間をお取り頂き。。

本当にありがとうございました happy01

2016年12月15日 (木)

自撮り

初めての自撮り

 

情けない姿。。です sweat02 sweat02 sweat02

 

20161214_02

 

 

 

気が付いたら左の薬指が。。

 

反対方向にねじれて曲がっていたcrying

 

 

 

犬の瞬発力 annoy

 

侮ったらあきまへん

 

リードが指にからみ。。

 

いつもなら、そのままスルスルと滑って放すのですが

 

20161215_04

 

 

 

この日は、雨でリードが湿っていてストッパーとなり相成りました~

 

 

 

いっちゃんとの

 

思い出ね impact

«シュトーレン

フォト
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

LINK

See you

  • MACRO (2000~2015)
  • KURO(1999~2014)
  • TINA(1996~2013)

You Tube

  • HAY ! MACRO !
  • 老犬マクロと仔猫のひとコマ
  • クロの毛で作るフエルト帽子
  • 一年間の手作り料理
  • クロ14歳の記念動画

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ